手術を言い渡された股関節の痛みが改善

※こちらの記事は以前のブログに加筆修正したものです。(画像はクリックすると表示されます)

 

70代 女性

左股関節の痛み(変形性股関節症)

当院に来られるまで5件以上の医療機関に行き、病院での精密検査の結果「手術しか方法はない」と言われた症例です。

 

整骨院では毎日電気治療とマッサージ。同じ繰り返しで治る兆しも無く、

病院では、「変形性股関節症ですね。軟骨がすり減っているので治りません。手術しましょう」と言われショックを受けたそうです。

初診時は、歩行時に股関節の痛みも強く、太ももを上に引きつける動作があまり出来ない状態でした。

しかし、患者さん自身の、

「またダンスの教室で元気に踊りたい!」

という強い想いがあり、紹介され当院を受診しました。

最初は可動域以前に股関節痛が強い状態だったので、まずは無理なく歩行出来る治療を優先。

痛みが少し和らいだ段階で、筋肉の機能と軸を合わせる治療を行いました。

現在は若干の制限はあるものの、日常の動作痛は解消。

駅から当院までも5分位でスイスイ来られます。(これはほぼ成人男性と同じくらいの早さです。)

念願だったダンスにも復帰し、とても喜んでもらえました!

今回のケースもそうですが、手術をすすめられたり、他の医療機関で改善しなかったとしても、きちんと治療すれば改善する事はたくさんあります。

諦めずに、一度ご相談ください。

 

TEL:06-6167-1131

城東区 東成区 鶴見区 学研都市沿線 鴫野 腰痛 変形性股関節症 スポーツでのケガ アキュスコープ治療

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です