野球を辞めるか、肩の手術をするかと言われた高校球児

※こちらの記事は以前のブログに加筆修正したものです。(画像はクリックすると表示されます)

 

こんにちは、城東整骨院です。

手術って言われると、やっぱりショックは大きいです。

 

僕たち治療家がもっと成果を出せば、こういう事って減るのかなと思ってます。
「野球を辞めるか、肩の手術をするかと言われた高校球児」
皆さん高校野球は見た事ありますか?

僕は昔から甲子園が大好きで、毎年チェックしています。

高校球児のケガで多いのが「肩」と「肘」です。

野球肩、野球肘とか言われますね。

どちらも手術や長期間の治療が必要なケースもあります。

場合によっては「もう野球はあきらめた方が良い」

と言われることも。

今まで野球一筋、甲子園を目指し頑張って来たのに、とても辛いと思います。

当院では、高校球児のそういった相談も受けさせて頂いています。

この子も、そんな一人でした。

 

10代 高校一年生 野球部
中学でも野球をしていたが、高校に入り練習の強度が増加。

徐々に肩に痛みを感じる様になる。

そのまま続けているうち、投げる時の痛みが増強。

強く投げると痛むので、満足に投げれない状態になる。
顧問の先生に相談し、知り合いのスポーツ整形外科へ行くことに。

そこでの診断は、

「肩の中を支えてくれる関節唇という組織が損傷している。手術して長期間かけて治すか、野球をあきらめるしかない。」

と言われたそうです。
関節唇とは?

肩の関節はゴルフボールとピンの関係に似ています。

浅くはまっている分、大きく動きますが、構造はあまり強くありません。

それを補うために関節唇という組織が吸盤のように補強しています。

恐らく、病院でそういった話をされ、かなりのショックを受けたと思います。

その後、ご家族の勧めもあり当院を受診されました。

来院時は、腕は動かせるものの、

・強く腕を振る
・ボールを投げる

という動作で痛みが出ていました。
痛みが出ているのは、「肩」なのですが、

一番気になったのは腰の動きでした。
腰から骨盤の左右の捻りに差が有り、凄く制限を受けています。

ゆっくり投球動作をしてもらうと、前に足を着いた後、ほとんど身体を捻っていません。

その分、肩周りと肘で動いている様に思いました。

肩周りの治療だけで無く、初診時は腰回りも治療。

一度の治療で腕を振った時の痛みはかなり軽減。

 

その後、治療を続けながらセルフケアを指導。

腰と肩甲骨の動きの修正を行いました。

痛み自体は2週間ほどでほとんど改善。

病院で手術の勧めがあったので慎重に復帰しましたが、

その後の再発も無く最後までプレー出来ました。



何度も繰り返し言っていますが、身体はトータルバランスで動きます。

投球動作も足・膝・股関節・腰・背中・肩甲骨に伝わった動きがボール乗ります。

なので、途中で動きが悪かったり弱い所があると、他の部分に無理が生じます。
結局、痛みが出ている個所は「結果」であり「被害者」です。

原因が放っておかれたまま、結果だけをいじっても再発してしまったりが多いです。

痛めてしまった「原因」を見つけ出し、「被害者」の痛む部分と一緒に治療する。

そうすると結構改善するんですよね。
一般の保険診療だけの病院などでは、一つの例にかけれる時間も限られています。

その中で原因を絞り、きちんと対処するのは難しいケースも正直多いと思います。
でも、きっちり診て。その方の状態を把握して、的確に処置する。

当たり前の事ですが、それだけで改善する方は多いです。

というか、それだけで改善するんだから、もっと僕たち医療従事者がちゃんと診て治療しないといけないんです。

「手術しか無い」「もう競技は難しい」

と言われても、すぐに諦めず最後まで手を尽くしましょう。

「何とかしたい!」

という思いのある方は、ご相談だけでも一度してみて下さい。

 

TEL:06-6167-1131

城東区 東成区 鶴見区 学研都市沿線 鴫野 腰痛 変形性股関節症 スポーツでのケガ アキュスコープ治療

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です