病院に通ってもなかなか良くならない膝の痛み、こんな治療を受けていませんか?

※こちらの記事は以前のブログに加筆修正したものです。(画像はクリックすると表示されます)

 

こんにちは。大阪市城東区の城東整骨院です。
それを「治療」と思って、自分はこれだけ治療しても治らない。

だったら年齢のせいと諦めるしかないな。

そんな方、多いです。
「病院に通ってもなかなか良くならない膝の痛み、こんな治療を受けていませんか?」
病院の整形外科に通う人の中で、腰と同じくらい多いのが膝の痛みです。

靭帯を痛めたり、関節の炎症を起こしたりと様々ですが、

「変形性膝関節症」と言われる方も多いです。

気軽に仕事みたいに通っている方も多いかも知れませんが、

「本当に治したい」「不安なく外出したい」と考えている方も少なくないと思います。



膝の痛みって本当に辛いですよね?

歩くだけで痛いですし、階段の上り下りなんかは特に。

家の中だけで動くのも辛いし、買い物に行くのも辛い。

旅行なんで膝の痛みが心配でとても行けない。

病院に行ってもなかなか治らない。

それって、実は治療の内容に問題があるかも知れません。
70代 女性

右膝の痛み

6か月前より徐々に膝の痛みが出現。

歩く、階段、曲げ伸ばしで強い痛み。

整形外科を受診すると、

「軟骨が減っている、年齢的なものだから仕方ない」

と言われ、膝に注射を打つ治療を6か月受けていました。
ところが最初は少し楽になっていた注射も、すぐに効果を感じなくなり、

段々痛みが増してきました。

そんな時、当院を紹介されたそうです。
状態をチェックすると、

・膝に水が溜まっている
・曲げれる角度が少ない
・膝が伸びきらない
・筋肉の萎縮
・腰の動きの悪さ
・足首の異常

 

 

簡単に見るだけでもこれらがありましたが、そこまでひどい状態ではありませんでした。

 
最初に膝周りの筋肉の状態を改善させる治療。

それだけで歩く時の痛みはほぼ改善。

その後、腰回りから足まで動きの制限を取り、楽に動けるように治療しました。

日常生活での痛みは5回程で解消。

その後、趣味で歩きたいとの事でしたので頑張って通院して下さいました。

「今までずっと治療を受けていました」

という方、多いです。

内容を聞くと、

診察室で膝に注射、その他の日はリハビリ室で膝に電気。

温めるライトを当ててもらい、時々足をマッサージしてもらう。

こういった処置を毎日の様に繰り返すんです。

それでずっと改善せず通っているという話をよく聞きます。

 
当院の特別診療では、まず時間をかけて問診や検査を行います。

あなたの膝が痛くなるには、何か原因があるはずです。

「病院で軟骨が悪いと言われたから」とよく聞きますが、

軟骨自身には痛みを感じる神経がありません。

多くの場合「筋肉」が痛みの原因であることが最新の研究で分かっています。

膝が痛くなった「ストーリー」を追い、原因となる「筋肉」の治療を行う事で、

しつこい膝の痛みを改善する事が可能です。
病院で診てくれるのは痛くなった「結果」です。

結果に対して痛み止めや注射を行う事は、場合によっては必要と思います。

でも、レントゲンに写るのは「結果」なんです。

膝周りの筋肉が弱かったり、膝に負担がかかる身体の癖が残っていると、痛みを繰り返してしまいます。

だから当院ではその人のライフスタイルや身体の状態から「原因」に対処していきます。
今まで色んな病院に通われていたという方も多く来院しています。

諦める前に、一度当院にご相談ください。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

One thought on “病院に通ってもなかなか良くならない膝の痛み、こんな治療を受けていませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です