妊娠中に腰痛になり、色んな検査をするも原因が分からない腰痛が改善

※こちらの記事は以前のブログに加筆修正したものです。(画像はクリックすると表示されます)

 

こんにちは。大阪市城東区の城東整骨院です。
「妊娠中に腰痛になり、色んな検査をするも原因が分からない腰痛が改善」
妊娠中、女性の方は身体に大きな変化が出ます。
体重の増加、つわり、体質の変化、足のむくみ等。。
特に多いのが、腰痛じゃないでしょうか?
お腹が大きくなるにつれて、段々腰の痛みが強くなる方が多いです。
腰が痛くても、旦那さんのご飯を作ったり、上の子がいたらその分手がかかります。
湿布や薬も、子供への影響を考えると使えない。
どうしようもなく、ただ耐える事しかできない。
そんな方、多くおられます。

20代 女性 妊娠6ヶ月
数日前から右腰にじっとしていても強い痛みが出現
動いてる方が楽で、じっと座ったり、寝ている方が辛い。
寝ていると痛みが強くなるので、夜がほとんど眠れない。
あまりに腰痛が辛く、「もう限界」と何度も思っていたそうです。
かかられている産婦人科、内科などで検査しても異常なし。
とにかく原因が分からないので耐えるしかないと言われていたそうです。

初診時、座ってお話を聞かせてもらっているだけでも辛そうです。
「原因不明」「異常なし」と言われているのにこんなに痛い。
そんな思いが余計にストレスになっているご様子でした。
特に初産ですし、このまま腰痛が続くようなら、出産まで耐えられない!とかなり不安なご様子でした。

 
内科的な検査は一通り受けてたので、そちらの可能性は低い。
座っている状態でも辛いのですが、後ろから見ると身体のバランスに違和感を感じる所が。
「ちょっとここを支えますね」
と言いながら、骨盤のある部分に手を当てると、
「あ、そうしてもらうとめっちゃ楽です。」
痛みがほとんど無くなりました。
当然手を放すと戻ってくるのですが、
「多分ここの所が原因で腰が痛くなってますよ」
とお伝えすると、
「あ~そうだったんですね!なんか原因が分かるだけでもホッとします。」
と言われていました。

治療は原因となっている骨盤の部分を中心に、足から腕の筋肉の機能を連動させる治療。
10分程治療した後、座ってもらうと痛みは無し。
来た時は本当に苦しそうな顔でしたが、
顔色も良くなって穏やかに帰ってもらえました。
3~4回の施術でかなり改善されたので、あとはセルフケアをお伝えし、
出産までにまた痛みが出てきたら来てもらうように伝えました。
元気な赤ちゃんが生まれてくると良いですね!

今回の様に、「病院で検査を受けても原因が分からない」というケースでも改善する事は多いです。
当然、内科的な原因や、骨や関節に病変が見つかる事もあるので検査の必要性はあると思います。
ただ、痛みの多くは「筋肉」が原因で発生しています。
「筋肉」の異常で痛みが出ている場合、レントゲンや各種の検査をしても見つかりません。
そんな時、
「原因不明で痛みどめか湿布。それで安静。」
と言われます。
それじゃ中々治らないです。
当院では、整形外科的な検査に加えて、
「筋肉」に対する検査と治療を行うことで沢山の改善例があります。
「病院で検査を受けたけど原因が分からなかった」
といわれる痛みでも、一度ご相談下さい。

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

One thought on “妊娠中に腰痛になり、色んな検査をするも原因が分からない腰痛が改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です