根拠に基づく腰痛治療7

根拠に基づく腰痛治療7

 

腰痛による活動障害に苦しむ患者の大部分は、臨床転帰を改善させる有効な診断と治療を受けていないという科学的根拠が増加中である。http://1.usa.gov/skKUsbhttp://1.usa.gov/ta2GAI http://1.usa.gov/sWhMm0

腰椎手術の失敗に関する大量の医学文献があるにもかかわらず、外科手術を繰り返して腰痛が改善したという報告はほとんどなく、中には20回も手術を繰り返したという患者さんの記録さえあります。

腰痛やヘルニア、坐骨神経痛に対しては手術療法は最後の手段です。安易に選択されることで経過が悪い方が多くいるという現実があります。

まずはきちんと根拠ある治療を受け、適切に判断してくれる医療機関を受診しましょう。

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です