根拠に基づく腰痛治療12

根拠に基づく腰痛治療12

 

経口ステロイド剤(ステロイド系抗炎症薬)は急性腰痛の治療として推奨できない(確証度C)。(13)経口ステロイドによる重大な副作用のリスクは長期間の服用や短期間の大量服用と関連している(確証度D)。http://1.usa.gov/uhlYSO

ステロイドが効かないということは、どこかが炎症を起こして急性腰痛(ぎっくり腰)になるのではない証拠です。

急性腰痛に対して炎症と捉えて安静にすることが一番治りを悪くします。

 

<strong>城東整骨院公式LINE@ページ</strong>

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

         

<a href=”https://line.me/R/ti/p/%40iwt5628v”><img src=”https://scdn.line-apps.com/n/line_add_friends/btn/ja.png” alt=”友だち追加数” height=”36″ border=”0″ /></a>

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です