根拠に基づく腰痛治療16

根拠に基づく腰痛治療16

 

急性腰痛患者の活動量や作業内容の変更を検討する際、年齢と全般的な健康状態、仕事で要求されるだけの体力があるかどうかを考慮する必要がある。(確証度D)。http://1.usa.gov/uhlYSO

この当時は確証度Dでしたが現在では腰痛疾患の治療と予防には職場の協力が不可欠とされています。医学的介入だけで腰痛問題を解決しようとするのは医療関係者の奢りといえるでしょう。

「ただ治療を受ければ治る」では腰痛の治療効果を低くしてしまいます。

自分から積極的に治療に参加して、腰痛を環境から変えていくことが大切です。

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です