オスグッド(成長期の膝の痛みについて)

今回からは「オスグッド」について解説させてもらおうと思います。

※画像はクリックすると表示されます。
オスグッドとは:膝の前側に骨の出っ張りが出来、ひどくなると歩いても痛みが出る成長期特有の膝の疾患です。

 

正式には「オスグッド・シュラッター病」

と言います。難しそうですが、単に「オスグッドさんが見つけた疾患」てだけです。

 

 

何故オスグッドの話をするかと言うと、近所の少年サッカーや中学生の部活の選手に多く、うちの整骨院を受診した時には

 
「なんでこんな状態で放ってんねん。」

 
と思う状態の事が多かったからです。

例えば、、、

サッカー選手(以下サ)「病院でレントゲンを撮って、オスグッドだから一か月安静と言われました」

私「そうなんだ。何か処置とかしてもらった?」

サ「ストレッチをしなさいと言われました」

私「どんなストレッチ?」

サ「聞いてないです。」

私「え?」

サ「なんか安静にしてたんですが痛みが治まらないんです。」

 

こんなケースが頻繁に起こってます(;´Д`)ノ

何件も医療機関を受診してるけど治らないって言う人は多いですけど、

純粋に治療を受けてなくて事実上放置の事ってめちゃ多いんですよね。

 

(どんなストレッチか聞かない方にも問題はあると思いますが)

 

なので次回からは細かい解説とセルフケアについて書いて参ります。

※こちらで紹介している方法は場合によって当院では行わない事も多く、あくまで基礎的な処置です。怪我したら信頼の出来る病院や整骨院を受診しましょう。
またご希望がありましたらリクエストにもお答えしますので、何かありましたらどうぞ。

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です