オスグッドのセルフストレッチ

さて今回はオスグッドのセルフケアストレッチについて解説していきます。

※画像はクリックすると表示されます。

前々回 オスグッドについて

前回 オスグッドについて②

大腿四頭筋という筋肉の引っ張りで骨がはがれるというお話を前回しました。

「じゃあその筋肉をストレッチすれば良いんじゃないの?」

という話ですが、少しコツが要ります。

ストレッチ=伸ばす

なので方法を誤るとかえって骨を引っ張ってしまいます。

大腿四頭筋が固くなる原因として、股関節周りや足首の動きが悪くなっている事が多いので、そちらと合わせて行うと効果が高いです。

それを考慮していくつか解説します。

※ストレッチについても賛否両論あったりしますが、僕は一般の方がセルフケアで行う分には有用だと思ってます。

無理のない範囲で少しずつ始めてみて下さい。

殿筋のストレッチ

①座った状態で膝に足首をかけ、身体を前に倒す。

②膝の部分を引っかけ、斜めに身体を倒す。(各30秒)



 

内転筋のストレッチ

①地面に座った状態で片方の膝を曲げ、片足を伸ばして座る。
②曲げてる膝の方に身体を倒し、逆の内ももが伸びているのを確認する。
(30秒)

 

腸腰筋のストレッチ

①足を前後に大きく開き、前の足は曲げておく。

②身体は真っ直ぐにしたまま、後ろ足の甲で地面を押し、股関節の前が伸びているのを確認する。(30秒)

 


腓腹筋のストレッチ

① 立った状態で壁に手をつき、片足を後ろに置く。
② 踵が浮かない様に気を付けながら、しっかりと膝を伸ばす。 (30秒)

 
以上まずは4つご紹介しました。

 

「おい、大腿四頭筋が固くなってるんだろ?ストレッチが無いぞ!」

 

と思われた方。その通りです。

 

一般的には下の様なストレッチがよく紹介されます。

 

これ、やらないで下さいね。

オスグッドの時は膝を無理に曲げすぎると痛みが増す場合があります。

まずは紹介したストレッチを参考にケアをしてみて下さい。

何もしないよりは絶対良いと思います。

大腿四頭筋については次回の動画の中で紹介させてもらいます。

※こちらで紹介している方法は場合によって当院では行わない事も多く、あくまで基礎的な処置です。怪我したら信頼の出来る病院や整骨院を受診しましょう。
またご希望がありましたらリクエストにもお答えしますので、何かありましたらどうぞ。

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です