座りっぱなしで腰痛にならないための対処法

こんばんは。城東整骨院、院長の山岡洋祐です。

「座りっぱなしで腰痛にならない為の対処法」

※画像はクリックすると表示されます。

座りっぱなしの事って結構ありますよね?

 
車や新幹線の移動もだし、

 
映画館や誰かと食事に行ってもそうだし、

 
海外旅行なんて10時間位座りっぱなしですからね。。。

 
せっかくの楽しい時間なのに、腰が痛くては楽しめません。

 
スターウォーズ見て興奮したいのに、腰が気になったら映画に集中出来ないんですよ。

 
・自分で出来る効果抜群の対処法

 
さて、昨日予告した通り、効果抜群の対処を二つお伝えします。

 
①足を台か何かに乗せる

 
これ、凄く大切です。

 
骨盤が倒れると腰に斜めに体重が乗って、腰の筋肉が疲労します。

 
骨盤が倒れる原因が、「足の重み」なんです。

 

こうやって乗せてあげるだけで、足の重みが腰に掛かりにくくなります。

 
疑うならカバンでも靴でも良いから一回試してみて!

 
ホントに楽だから(笑)

 
ちなみにこれをやると、太ももの裏の圧迫が取れるんで、

 
むくみとか冷えも楽だったりします。

 
トラベル用品なんかにもあるんで、ちゃんとやりたい人は検索してみて下さい。

「足置き台」とか「フットレスト」で出てきます。

 

http://www.yumetai.co.jp/shop/g/g13337000000/

 

参考までに。小さいほど高い傾向があります。

 
②ヒモで足を縛る

 
縛れたら何でもオッケーです。

 
スカーフとか、タオル何でもオッケーです。

 
膝の上位に、「拳ひとつかふたつ間をあけて」ヒモをくくります。

これだけ(笑)

 
簡単ですけど、これだけで足の重みが無くなり、腰から下半身のバランスが整います。

 
「ヒモトレ」と言ってオリンピック選手やプロ野球選手を指導する、小関勲先生から教えてもらいました。

 

足が開いちゃうと、骨盤が倒れてしまうんです。

こうなると背中が丸くなっちゃいます。

なでしことかも移動の時にやってるんですから、甘く見ないで下さいね(笑)

 
大体の感じが分かったら、幅とか巻く高さは自分の気持ち良い所に設定して下さい。

うちで教えるのは大まかにこの二つです。

 
よほど腰が痛い場合以外は、この二つで十分対応出来ると思います。

 
是非、試してみて楽しい休日をお過ごし下さい!

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です