【動画付き】デスクワークをしていて肩こりで仕事が手につかないことはありませんか?

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

「デスクワークをしていて肩こりで仕事が手につかないことはありませんか?」

 

デスクワークなどでじっとしていると肩周りがこり固まる方も多いと思います。

そのまま仕事をしていると、肩こりを強く感じたり、ズンズン痛んだり、目も疲れたり、頭痛になったり。

とてもそんな状態では集中して仕事ができないです。

 

それでも仕事ですから無理をすると、余計に疲れをため込んでしまいます。

疲れきって休日は1日寝てばかりだと、リフレッシュできず楽しくないですよね。

 

デスクワークの姿勢は、猫背になり肩こりの筋肉に負担がかかるために起こります。

しかもジッと座ったままですから血流も悪くなりやすいです。

 

なんとか治そうと薬を飲んだり、肩こり体操やマッサージを受けたことがあるかもしれません。

でもこの丸まった姿勢を改善しないと、なかなか辛い肩こりの症状は楽にならないです。

 

・余計に肩がこる?一般的な肩こり体操の罠

 

代表的な肩こり体操に、首の筋を伸ばすというものがあります。

こっている部分を伸ばしてくれるから、気持ちが良くて効いている感じがあるかもしれません。

 

しかし、これを続けていくと結果的に猫背がよりきつくなってしまい、より肩こりを感じやすい体になってしまいます。

 

マッサージなども一緒で、こっている部分だけをほぐすと、姿勢が丸くなって余計に肩こりが悪化します。

 

・院長も実際に行ったつらい肩こりの解消にオススメのストレッチ

 

実は、院長も20歳前後の時に非常にきつい肩こりを経験しました。

 

当時は整骨院の専門学校に通いながら下働きをしていた頃で、バイクでの長時間通勤、授業姿勢、修行先のストレスなどで左の肩から首に強い肩こりが発生しました。

 

視力は落ちるし、気分は悪いし、頭痛はするしで当時は本当に大変でした。

 

その時に実行して効果絶大だったストレッチを紹介します。

 

簡単ですから、ぜひ実行してみてください^ ^

 

やれば少しずつ効果が確実に出てくると思います。

ただ、つらい肩こりが長引いていて出来るだけ早く解消したいという場合は整体と肩こりの筋肉を芯から柔らかくする治療が効果的です。

肩こりの部分に卵くらいの大きさの「しこり」があって、仕事も手につかなかった30代の男性は、3回の治療で仕事中ほとんど辛くなくなりました。

目の疲れや頭痛も改善し、すごく喜んでいただいています。

1日も早く辛い症状から楽になりたい場合は、一度当院にご相談ください。

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です