根拠に基づく腰痛治療57

根拠に基づく腰痛治療57

頚部痛と腰痛患者256例を対象に、医師の標準的な治療群、脊椎マニピュレーション群、理学療法群、シャムトリートメント群に割り付けたRCT(ランダム化比較試験)によると、最も成績が悪かったのは医師の標準的な治療群とシャムトリートメント群だった。http://1.usa.gov/kfFvV6

時代遅れの科学的根拠のない治療法はプラシーボと同等の効果しか得られなかったというランダム化比較試験です。プラシーボを超えられない治療法はそろそろやめにしませんか? 無理強いはしませんけど医療費を有効活用しなければ健康保険制度が崩壊します。

腰痛治療には正しい知識が大切です。

一人でも多くの方に正しい腰痛知識をつけてもらいましょう。

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です