手首をついた時に痛みが走る患者さんの症例

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前で整体治療、アキュスコープ治療を行っている城東整骨院です。

「手首をついた時に痛みが走る患者さんの症例」

手首の痛みで来院された患者さんから、感想をいただきました。

ピラティスというトレーニングのインストラクターもしている女性。その練習中に、手をつくことが多く長い間痛みと付き合ってこられたそうです。

K・Fさん女性 42歳

 

藤原けいこさん

 

Q何が決め手で当院を受診されましたか?

友人に紹介してもらって&HP(Facebook)などで見て「治してくれそう」と思いました。

Qどのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?

手首(左)の痛み

Q実際に受診されて良かったことを教えてください。

・痛みの原因を教えてもらえたこと。

・おうちでできるエクササイズ、対応策を教えてもらえたこと。

手首はサイコロのように小さい骨が8個集まり構成されています。

細やかな動きができる反面、非常にデリケートな関節でもあり、一度痛みが出ると長引きやすい傾向にあります。

手首の痛みは、その部分だけでなく肘や方からの連動が関係していることが多いですのですが、こちらの方も肩から腕にかけて動きの悪さが見受けられました。

その為、無理な力が手首にかかり続けたのでしょう。

治療に加えて、普段の生活での注意点をお伝えし、少しずつ改善に向かっています。

長年患われているものほど、痛む部分だけでなく他の部分にも影響が出ている場合が多いです。

そういったところを的確に見つけられるかが、きちんと治せるかのポイントとなりますね。

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です