根拠に基づく腰痛治療61

根拠に基づく腰痛治療61

これまで職場での身体的負荷(重量物の取り扱い、不自然な姿勢での作業など)、自動車の振動、喫煙などが椎間板変性を加速すると考えられていたが、一卵性双生児を対象とした比較研究によって身体的負荷よりもむしろ遺伝子の影響が大きいことを発見。http://1.usa.gov/iPsKBC

国際腰椎学会のボルボ賞を受賞した研究です。素人ならともかく専門家が知らないはずはありません。

体に負担がかかって腰椎が潰れ、腰痛になるというのは誤った見解です。

腰痛に骨の変形は関係がありません。

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です