根拠に基づく腰痛治療66

根拠に基づく腰痛治療66

fMRIを用いた研究によると、痛みに関連した言葉とイメージを思い浮かべると脳のペインマトリックスが活性化するが、注意を逸らせると活性レベルが低下した。ゆえに、痛みをくよくよ考えたり頻繁に話題にしたりする患者は自ら症状を悪化させている。http://1.usa.gov/kRj6OS

慢性疼痛の治療には言葉とイメージがとても大切です。だからこそ、医療関係者は不安と恐怖をあおるような説明を避けるべきなのです。安心と勇気を与えましょう。

腰痛患者さんは、自分の頭の中を痛みやネガティブで満たすのではなく、ポジティブで埋めていきましょう。

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です