根拠に基づく腰痛治療111

根拠に基づく腰痛治療111

神経障害の検査ではアキレス腱反射と膝蓋腱反射、足関節と母趾の背屈力、感覚に関する愁訴の分布に重点を置く必要がある(★★)。http://1.usa.gov/Ht6ICY http://1.usa.gov/HyhYlihttp://1.usa.gov/HvJ3Gv

これも最近の腰痛診療ガイドラインではあまり重視していませんが、稀に重篤疾患が潜んでいるかもしれませんので初期評価としてはありでしょう。特に知覚麻痺には気をつけなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です