根拠に基づく腰痛治療130

根拠に基づく腰痛治療130

抗うつ薬は慢性腰痛の治療に広く用いられてきたが、その有効性に関するエビデンスはほとんどなく、急性腰痛に対する抗うつ薬の有効性に関するエビデンスは入手できていない(★)。http://amzn.to/Hk8veA

急性腰痛に対する評価は最新の腰痛診療ガイドラインでも変わっていませんが、その後のRCT(ランダム化比較試験)の蓄積により慢性腰痛には抗うつ剤が推奨されています。

慢性的な腰痛は、メンタル面や脳からの影響が大きいということです。

ですが薬で脳を麻痺させるだけではいけません。

考え方、身体の構造的異常を改善し、その上で運動をして身体も脳も活性化させる必要があるのです。

院長 山岡

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です