朝晩寒い時になりやすい「こむら返り」の予防法

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

ここ数日で朝の気温がグッと下がってきましたね。

風邪を引かれている方も多いですから、手洗いうがいをしっかり行ってください。

 

さて、朝晩の気温が下がってくると起こりやすくなるのが「こむら返り」です。

475858

ぐっすりと眠っているとき、なんの前ぶれもなく、突然「ピキーン」と足のふくらはぎがつってしまう。

あまりの激痛にびっくりして目を覚まし、布団やベッドのなかで、身もだえして、動けなくなってしまう。

中には一度こむら返りを起こすと、一晩中痛むという方もおられました。

 

ほとんどの方が、一度は経験したことがあるでしょう。

 

・こむら返りが起こる原因

 

こむら返りは筋肉内のミネラル(カルシウム、マグネシウム)が減ってしまったり、疲労などで神経の伝達がうまく行かなくなり発生します。

簡単に言うと、

 

☑️ 足が疲労している時

☑️ 足が冷えている時

☑️ 筋肉の血流が悪い時

☑️ 筋肉が固くなってしまっている時

☑️ 栄養が不足している時

 

こんな時に発生します。

ですからこんな状態にならないことが一番大切になるでしょう。

 

・こむら返りの予防方法

 

原因がわかれば対処方も見えてきます。

当院で指導しているこむら返りの予防法をご紹介いたしますので、取り組みやすいものから是非試してみてくださいね。

 

①寝る前に一杯の水分補給

67623ac8596e425de1f1ff7948bcd4e0_s

寝ている時は意外と汗をかいているもの。

血液中の水分が減ってくると、血がドロドロになり筋肉の細い血管を通りにくくなります。

寝る前に一杯の水を飲むことで、筋肉の血流が悪くなるのを予防できます。

 

※夜中に何度もトイレに行ってしまうという方は、寝る直前ではなく1日の生活の中で水分をよく摂るようにしましょう。

 

②足を上げて寝る

image

1日の疲労で足がパンパンにむくんでいたりすると、筋肉の血流が悪くなりこむら返りになりやすくなります。

少しで良いので足を上げておくと、血液やリンパが足から身体に戻ります。

その分新鮮な血液が流れやすくなって、スッキリ目がさめるでしょう。

 

歩きっぱなし、座りっぱなしでふくらはぎがパンパンで疲れている人にもオススメですよ♪

 

③足首周りの保温

 

足首周りには「冷えのツボ」がたくさんあります。

その部分を温めてあげることで、足全体の冷えを防いで血流を良くすることができるのです。

オススメはくるぶし回りを保温できる「足首ウォーマー」。

image

image

付け外しがしやすく、素材も気持ち良いと評判です。

当院でも置いてますが毎年飛ぶように売れていきます。

(院長山岡は4つ持っています)

 

何かレッグウォーマーのようなものでも良いので、お持ちの方は寝るときに使ってみてください。

 

 

④食生活の改善

 

身体の中のミネラルが不足することでもこむら返りになりやすくなってしまいます。

お菓子やインスタント食品を避けて、きちんとした食生活を心がけましょう。

 

その上で、

カルシウム:乳製品、小魚、海老など

マグネシウム:ナッツ、大豆類

が重要になってきます。

意識して摂っておくと特に良いでしょう。

 

⑤軽いストレッチ

image

ふくらはぎの筋肉がパンパンに固くなっていると起こりやすいです。

軽めのストレッチ(30秒くらい)をしながらゆっくり呼吸をして、身体をリラックスさせてやりましょう。

特に写真のようなストレッチを寝る前に行うのが効果大です。

 

⑥ツボ押し

 

cc55cdd1

血流をよくするためのツボ押しも効果的です。

こむら返りには、

・足三里(あしさんり)

・陽陵泉(ようりょうせん)

が有効です。

 

大体の場所でも良いのでゆっくり押して刺激しましょう。

うまくいくと足全体がポカポカ温かくなってきます。

 

______________________________

 

いかがでしたか?

こむら返り予防に有効な方法を6つご紹介しました。

 

以上をしっかり行ってもらえれば、こむら返りになる確率はグンと下がるでしょう。

こむら返りをなくして、ぐっすり眠れるようになると良いですね。

 

もし万が一なってしまったら、こむら返りを起こしている筋肉を伸ばすのが大切です。

それでも治らない時は、

①ゆっくり深呼吸を2分繰り返す

②温かいお湯に膝から下をつける

 

これでほとんど後に残らず治ると思います。

ぜひ、覚えておいてください。

 

痛みがあまりにも引かない時は、筋肉を一部分傷つけている可能性もあります。

自分で無理をせず、信頼出来る整骨院や病院を受診しましょう。

当院で行っているPNF療法は筋肉の症状にとても効果があります。

お困りの場合はご相談くださいね。

→PNF徒手神経筋療法について

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

One thought on “朝晩寒い時になりやすい「こむら返り」の予防法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です