デスクワークの女性に多い夕方の足のだるさやむくみの対処法

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

「デスクワークの女性に多い夕方の足のだるさやむくみの対処法」

 

当院には様々な不調を抱えている方が来られます。

スポーツ選手から高齢の方、小学生もたくさん。

 

その中で意外としつこい症状をお持ちなのがデスクワークの女性なのです。

 

実は人間の身体は動かして疲れる分には回復が早いのですが、じーっと同じ姿勢だと筋肉が固まり、血流が悪い中で疲れが溜まるので回復が遅いのです。

芯から疲れているという感じですね。

 

デスクワークの場合、同じ姿勢を繰り返すことで肩こりや目の疲れ、頭痛、腰痛、手首の痛みなどが多く発生します。

特に夕方になると足がだるくなったり、むくんだりする女性は多いことでしょう。

丸一日座りっぱなしで作業。家に帰って靴下を脱ぐとクッキリ型が付いているという経験をしたことがあると思います。

スカートを履いている場合は特に冷えも重なって、足のむくみや疲労感はかなりのものになるかと思われます。

 

疲労やむくみを回復させるのが大切ですが、まずは溜まりにくくするのが大切です。

こちらでは当院でお伝えしている対処法をまとめてみました。

 

①足の下に台を置く

②タオルやヒモで足を軽く止めておく

③食べ物、飲み物

④着圧ソックス

⑤一時間に一回は歩き回って血流を流してあげる

 

以上になります。

いかがでしょうか?

 

こう言った点を心がけてもらうだけで、かなりだるさやむくみは軽くなると思います。

特に足下の台は、長時間の座り姿勢(映画館・長距離バス・新幹線など)の時に効果を発揮します。

ぜひお試しください。

 

ただ、つらい足のだるさや疲労感、むくみを感じている時は早く解決したいですよね?

そんな時は当院での整体でバランスを整え足の筋肉の血流や神経伝達を改善することが有効です。

整体治療でリフレッシュさせ、その後はセルフケアで疲労が溜まりにくくすれば足が軽く楽な状態で過ごせるでしょう。

 

当院に来られているOLさんも、

「今まで足が常にパンパンだったのが全然感じなくなった」

と喜んでもらえました。

治療を受けてみたいという方は、お電話でご予約ください。

→当院の治療を受けた患者さんの声はこちら

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です