根拠に基づく腰痛治療155

根拠に基づく腰痛治療155

重症の腰痛に対する麻薬の投与に関しては、さらなる調査と管理による支援が必要で推奨しない(★)。ベンゾジアゼピンには習慣性と依存性という重大なリスクがあるため推奨しない(★★)。http://amzn.to/Hk8veA

この時点ではエビデンスが不足していたために麻薬系鎮痛剤も抗不安剤も推奨されていませんが、最新の腰痛診療ガイドラインではいずれも推奨するという勧告が出ています。

いかに痛みに対する不安が腰痛に関連するかがよく表れています。

筋肉・骨格に加えて腰痛に対する考え方を患者さんに変えてもらう必要があります。

院長 山岡

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です