高校ラグビー、今シーズン終了致しました【トレーナー活動】

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

秋は全国高校ラグビー選手権大会、いわゆる花園の大阪予選があります。

 

昨日の試合は大阪の準決勝。

トレーナーとして関西創価高校ラグビー部のサポートに行ってまいりました。

 

結果は常翔学園(大工大高)に敗れてしまい、今シーズンが終了しました。

さすがは全国トップクラスのチーム。強かったです。

 

しかし、こちらも最後まで前に出続け、気迫の攻めやタックルに胸が熱くなりました。

前半は相手の猛攻に真っ向からタックルを続け、何度も相手を押し返しミスを誘います。

後半になり、こちらのケガ人もあって、どんどん相手の攻めを防げなくなった結果、敗退してしまいました。

 

これで今年の3年生は引退となります。

毎年、思い入れのある選手ばかりです。

 

腰椎分離症に苦しんだ選手

足の骨折手術後に全く足が動かなかった選手

変な靴履いてシンスプリントになった選手

訳わからない質問ばっかりしてくる選手

痛くても試合中は絶対見せない選手

すぐに痛がる選手笑

高校生のくせにニーチェとかハイデガーを読んでる選手

両足肉離れでリハビリ大変だった選手

最後の最後でスタメンになった選手

控えでも最後まで自分にできることを積み重ねた選手

選手生命どころか本当に命が危なかった選手

身体能力が凄いのにアホな選手

体細いのに誰よりもタックルに行く選手

同じ治療家を志す選手

img_6608

 

色々ありましたが、みんなとても成長してくれたと思います。

これからラグビーを続ける子、続けない子もそれぞれの道で頑張ってくれることを祈っています。

img_6606

試合後の写真。

img_6604

img_6609

トレーナーとして10年以上サイドラインに立っていますが、毎年辛く悔しいものがあります。

この悔しさを1,2年生は胸に持ち続け、今年以上のチームを作ってもらえたらと思います。

 

————————————————————————-

 

選手は相手の同じポジションの奴に。

マネージャーは相手マネージャーに。

監督コーチは相手の監督コーチに。

 

そしてトレーナーは相手のトレーナーよりも良い仕事ができたか、取り組むことができたかが大切だと思います。

 

それぞれが強く、こだわり続けた先に、チームとしての力が上がっていくと信じています。

来年に向けて、私自身もっとレベルアップをして、より良いサポートをできるように積み重ねたいと思います。

 

3年生のみんな、本当にお疲れ様。

昨日の試合、最後まで気を抜かずファイトし続けたみんなを誇りに思います。

サポートさせてもらって、ありがとう。

これから先の人生も、ラグビーを通して得た経験で頑張ってな。

また、グラウンドで会おう!
img_6607
ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です