根拠に基づく腰痛治療169

根拠に基づく腰痛治療169

明らかに効果がないか、僅かなエビデンスしかない治療法を奨励してはならない。患者や社会の利益を考慮すれば強力なエビデンスのある治療法だけを普及させるべきで、ある方法が他の方法より優れていることを明らかにする研究が必要。http://1.usa.gov/kKuYzg

改めて説明するまでもなく、これはEBM(根拠に基づく医療)の基本です。

腰痛に対して、「以前からこうしている」「これが前に効いた」というだけでなくしっかりと検証された根拠を持って対応することが大切です。

腰痛は骨や関節の問題だけでなく、生活や社会的な側面までを含めて対応するエビデンスがあります。

院長 山岡

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です