根拠に基づく腰痛治療206

根拠に基づく腰痛治療206

航空機製造会社に勤務する3,020名を対象とした4年以上にわたる前向きコホート研究では、腰の柔軟性を測定することで過去の腰痛歴や将来の腰痛発症率は予測できないことが判明。腰痛疾患に対するストレッチの有効性に疑問あり。http://1.usa.gov/nrEjPB

柔軟性と腰痛とは無関係であることが科学的に証明されたわけです。ヨガのインストラクターもよく腰痛を訴えることから腰痛をあつかう治療者は経験的に知っていたはずですが、ストレッチが悪いといっているのではありません。心身の健康のためにストレッチは大いに活用しましょう。

「体が柔らかいのが良い」というのは間違っています。前屈が硬いから腰痛になると思い込んでいる方が多いですが、全くそんなことはありません。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です