根拠に基づく腰痛治療248

根拠に基づく腰痛治療248

腰痛患者のオペラント条件付け介入に関する15件のランダム化比較試験(3,737名)の体系的レビューによって、理学療法士によるオペラント条件付け介入は慢性腰痛による長期活動障害に有効であることが判明。http://1.usa.gov/bcTM5B

症状に注目せず出来たことに注目することで活動障害が改善するというわけです。飴と無視をうまく使って患者を勇気づけ、疼痛行動を減らして活動範囲を広げていきましょう。

腰痛や肩こりなど慢性疾患は、症状に注意を注ぐことで治りが悪くなります。気にせず、活動的になることが大切なのです。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です