根拠に基づく腰痛治療253

根拠に基づく腰痛治療253

スタチンによる副作用が発現した患者650名を対象にした研究によると、関連性を疑ったのは医師ではなく患者だった。筋肉痛では患者86% vs 医師14%、神経障害では患者96% vs 医師4%、認知障害では患者98% vs 医師2%。http://1.usa.gov/tcks8e

患者さんから教えられることは山ほどありますね。結局、治療者を育てるのは患者さんのような気がしてなりません。

医師は腰痛の専門家のように思えますが、実際に感じている患者さんの方がよくわかっている場合もあります。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です