根拠に基づく腰痛治療255

根拠に基づく腰痛治療255

人員削減対策で事業規模を縮小した企業で働く労働者は、仕事量の増加・ストレスの増大・健康状態の悪化・腰痛や筋骨格系疾患の増加・早期死亡リスクの増加といった問題に直面する。http://1.usa.gov/sKSMLp http://1.usa.gov/ujAuSk

リストラの対象になった人々は、筋骨格系疾患の増加と早期死亡リスクが上昇することは明らかになっていました。しかし、リストラを逃れた労働者も同じような傾向が確認されたわけです。このような問題に対して医学はどんな介入ができるのでしょう。これから真剣に考えていかなければならない課題だと思います。

肩こりや腰痛と社会的ストレスの問題は深刻に受け止めなければなりません。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です