根拠に基づく腰痛治療270

根拠に基づく腰痛治療270

非特異的腰痛とは、「発症年齢が20~55歳」「腰仙部・臀部・大腿部の痛み」「メカニカルペイン(動作によって痛みの程度が変化する)」「患者の状態は良好」で、専門医へ紹介する必要はない。http://amzn.to/Hk8veA

6週間以内に90%の患者が回復するグリーンライト(自己限定性疾患)。万国共通のゴーサインですから画像検査は必要ありません。

腰が重だるい、お尻のところが痛む、前にかがんだり、後ろに反ったりしたら腰痛がでる。こういった症例には筋肉の治療と腰痛に対する正しい教育が最も効果的です。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です