柔道整復師学科の教員が、臨床を離れてはいけない

3月8日(水)

【柔道整復師学科の教員が、臨床を離れてはいけない】

おはようございます。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院です。

 

今日はみつばちの日です。

全日本蜂蜜協同組合と日本養蜂はちみつ協会が制定。

「みつ(3)ばち(8)」の語呂合せから。

ちなみに、「はちみつの日」は8月3日です。

 

昨日はお昼に、母校である森ノ宮医療学園専門学校にお伺いしました。

専門学校時代から大変お世話になっている恩師、伊黒浩二先生と打ち合わせをするためです。

学生時代、生意気の塊で子供だった私を、厳しくも愛のある言葉でたくさん指導していただきました。当時は反発していましたが、今となってはその教えが本当に自分の中で息づいています。

いつの間にか卒業して10年が経ち、私は少しだけ分別がつき、伊黒先生は少し角が取れて丸くなっていました。←こんなのを書くとまたお叱りを受けそうですけど笑

まだ詳しいことは書けないのですが、専門学校の学術部とも関わりが深くなっていきそうです。

打ち合わせをしながら、伊黒先生の柔道整復師に対する想いや、学生に対しての熱いお話を聞くことができて、こちらの胸も熱くなってきました。やはり情熱は健在ですね。

その中で特に胸に残ったのが、

「柔道整復師学科の教員が、臨床を離れてはいけない」

という言葉でした。

先生自身、教員として多忙な日々を送りながらもトレーナー活動や、整形外科での臨床で常に最前線に立つことを忘れていません。

同じ内容、同じ言葉でも、本当に現場で経験してきたかどうかで、伝わり方って変わるんです。理屈じゃなくて心で伝わるんです。

そこをとても大切にされているのがよく分かりました。

あとはやっぱり、現場が好きなんでしょうね。

こんな先生に指導してもらえる学生は幸せだと思います。

みなさん、柔道整復師になるなら森ノ宮医療学園に行きましょう!

新たな刺激をいただくと共に、自分の原点も見返すことができて、改めてもっと頑張って行きたいと感じていました。

伊黒先生、ありがとうございました!

 

本日のご予約状況

【残り3名様(新規の方2名様)まで】となっております。

当院は予約制となっております。診療をご希望される方は電話でのご予約をお願いします。

ご予約は今すぐ

TEL:06-6167-1131

までご連絡下さい。

当日予約の場合、なかなかご希望の時間に予約をお取りになるのは難しいと思われます。

さっき急性腰痛(ギックリ腰)になった、昨日の夜遅くに足をくじいたというような突発的な状況の場合は致し方ありませんが、そうでない場合、ご希望の時間にご予約をお取りになりたい場合は、なるべく早いうちのご予約をされた方が確実かと思います。

城東区 東成区 鶴見区 学研都市沿線 鴫野 腰痛 変形性股関節症 スポーツでのケガ アキュスコープ治療

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です