根拠に基づく腰痛治療304

根拠に基づく腰痛治療304

線維筋痛症は労災や交通事故などに起因すると思われているが因果関係は明確にされていない。もし自分が病気であることを証明しなければならないのなら患者は良くなれない。どれほど重症かの説明が求められるために攻撃対象にされて立ち直れなくなる。http://1.usa.gov/QT0rHc

線維筋痛症をめぐる裁判では原告である患者が因果関係を証明する必要があり、健康な状態であるための必要な条件や、病気を識別する能力、困難に立ち向かう能力を失ってしまうのです。

腰痛患者に、自分がどれだけ悪いか証明させることほど治癒を阻害するものはありません。

腰痛解消には、「自分は腰痛である」という概念を外すことが最も大切なのです。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です