根拠に基づく腰痛治療312

根拠に基づく腰痛治療312

18~40歳までの急性腰痛患者を対象に4週間追跡したRCTによると、モビリゼーション群とマニピュレーション群の改善率は4週間後には差がなくなるものの、マニピュレーション群は最初の1週間で急速に改善することが判明。http://t.co/xSdw3w4

急性腰痛は治療内容に関わらず1ヶ月後はの予後は良好ですが、マニピュレーション(矯正治療)は初期の腰痛改善に大きな効果があるという研究です。

急性腰痛(ぎっくり腰)は初期にきちんと治療することが大切です。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です