38歳 男性 柔術家 右肩と首筋の痛み

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

格闘家の身体って、本当に独特ですね。

治療に来られている柔術家の方から治療の感想をいただきました。

 

柔術道場に治療の練習に伺わせていただいたご縁から、当院には柔術家が時々来院されます。

普段はラグビーやバスケ、陸上などランニングスポーツを主体として診ているので、体の使い方や痛め方の違いがあっていつも興味深いです。

それぞれの競技の動きを考えながら、その人の痛めている場所への治療を考えることが必要だと感じています。

 

 

Q何が決め手で当院を受診されましたか?(当院を選んだきっかけなど)

知人の紹介で

 

Qどのような症状にお悩みで当院を受診されましたか?

右肩と首筋の痛みを緩和してもらいたくて

(練習時に痛めてしまい)

 

Q実際に受診されて良かったことを教えて下さい。

丁寧な対応と対話に、よく行き届いた治療をして頂き、思う存分動けるようになりました!

 


38歳 男性 柔術家

去年の10月、柔術の稽古中に右肩を負傷。自分なりにケアを続けて稽古は続行するも、ずっと痛みが続いている状態。

3月に入り、強刺激のマッサージを受けてから急激に痛みが増強したそうで、「抜けそうになるし、痛くて力が入らなくて気持ちが悪いから、肩を叩きたくなる」とおっしゃっていました。

以前、少しお身体のことで話す機会があった為、当院に来られました。

 

お身体の状態を確認すると、痛みのせいで右肩が完全に上がりません。

肩自体の状態も悪かったですが、腰から背中の筋肉のバランスもおかしかったので、先にそちらを治療。

腰を触れず、足から腰の治療をすると、それだけで右肩は完全に上げられるようになりました。

その後、右肩自体の治療も行い、帰る頃にはほとんど痛みがなく動かせるようになりました。

「やっぱり、先生の所にきて良かったです!」

と嬉しい声をいただきました。

 

長い期間痛めたままになっていると、その部分だけでなく周りの動きも悪くなってしまい、それが原因で余計に治りが悪くなる場合があります。

こちらの方も、肩を痛めたあと、腰の筋肉まで動きが悪くなった結果、ず〜っと治らずそのままになっていたようです。

きちんと、見極める目が大切ですね。

来月に試合があるそうなので、当院できちんとコンディションを整えて、大勝利を祈っております!

 

城東整骨院には、格闘家をはじめバスケットボール、野球、ラグビー、サッカーなどスポーツ選手がたくさん来られます。

アスリートの場合、身体の動きや使い方をきちんとチェックして、それぞれに応じた治療を行なっています。そうしないと、なかなか改善に繋がらないんですよね。

怪我をした、不調がある、試合前にコンディションを整えたいなど、アスリートに必要な治療を行なっていますので、ご希望の方はお電話でご予約をお取りくださいませ。

 

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です