膝の軟骨がすり減った方に有効なセルフケアの方法

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

膝の軟骨がすり減る「変形性膝関節症」

中年以降の女性に多く、昔スポーツで膝を痛めた男性にも発生しやすくなります。

 

軟骨同士が直接当たって、すり減ってしまい、

・膝が曲がらない

・膝が伸びない

・歩く時に痛む

・階段の上り下りが辛い

・手術しないといけないと言われた

・膝が曲がっている

などの症状を出します。

 

膝の中で炎症が起こるので、腫れが起こりいわゆる「水がたまる」と言った状態にもよくなります。

 

一般には、腫れた水を抜いて、滑らかに動く注射を入れたり、周りの筋肉をトレーニングするリハビリが行われます。

しかし、それだけでは改善しないケースがほとんどです。

なぜなら、軟骨がすり減ってしまう原因が、「関節の歪み」と「周りの筋肉のバランス悪化」だからです。

原因が放置されたまま、結果だけ変えようとしても一時しのぎにしかなりません。

 

こちらの動画では、ご自身でできる「関節の歪み」と「周りの筋肉のバランス悪化」の改善方法をご紹介しております。

安全で効果の高い方法なので、ぜひ試して見てください。

 

 

※この動作で痛みが出たり、翌日に痛みが出る場合はすぐに中止してください。

 

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です