根拠に基づく腰痛治療383

【画像検査】1)グレード1および2の患者に断層撮影・CTスキャン・MRI・ミエログラフィー・椎間板造影・シンチグラフィー・血管造影の適応はない。2)画像検査はグレード3の患者に専門家か外科医の判断で実施されるべき。http://1.usa.gov/LYNegq

頚部痛・凝り・圧痛だけで理学所見に異常のない「グレード1」と頚部の症状に加えて筋骨格系所見がある「グレード2」はCTやMRIといった特殊な画像検査の必要はなく、それらは頚部の症状に加えて神経学的所見がある「グレード3」だけに限られるということです。

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です