オスグッドに効果的なストレッチの方法

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

成長期のスポール障害で多い膝の痛み、「オスグッド」。

お皿の下にある骨が出っ張ってきて、体重をかけたり、ジャンプやランニングで痛みが出てしまう状態です。

バスケットボール、サッカー、陸上競技など、走ったりジャンプを行うスポーツによく発生します。

 

使いすぎが原因だからと、安静の指示を出されることが多いですが、痛みが治っても練習を再開するとまた痛むという悪循環に陥っている選手もたくさんいます。

 

こちらの動画では、オスグッドの痛みを軽減するストレッチの方法をご紹介しています。

単に安静にするよりは、こういったケアをしっかり行うことで再発防止になります。

ぜひ、試して見てください。

 

こちらのストレッチを行って、痛みが出てしまうという場合は、やり方の問題か、オスグッド自体が重症の可能性があります。

きちんと専門家(病院や整骨院)にかかり、そちらでの指示を守ってください。

当院でもオスグッドの専門治療を行っており、これまで多くの選手の治療を手がけてきました。

手術も検討していた中学生のサッカー選手は、3回の治療でほとんど痛みもなくなり元気いっぱいサッカーができるようになっています。

きちんと原因を見定め、治療とセルフケアを行えばオスグッドは怖くありません。

お悩みの場合は、一度当院までお越しくださいませ。

ご予約はこちらから。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です