オスグッドに効くテーピングの方法

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

成長期のスポーツ障害である、「オスグッド」。

膝の前の部分の骨が出っ張って来て、

・押さえると痛い

・正座ができない

・ジャンプの時に痛む

と言った症状に悩まされる子供が多いです。

 

子供が「膝が痛い」と言うので整形外科に連れて行くと、「これは成長痛ですね、成長が止まると痛みが治るので、それまでは無理しないように」と言われたりします。

子供さんが大好きなスポーツをできない。

こんな辛いことは無いと思います。

オスグッドは本当の原因がわかれば改善が可能です。

こちらの記事では、オスグッドの原因の解説と、痛みを和らげるテーピングの方法のご紹介をいたします。

 

そもそもオスグッドとは?

整形外科的にはオスグッドとは膝のお皿の下の骨、専門的に言うと脛骨粗面の部分が出っ張って来て痛みを伴う「成長痛」と言われます。専門的には骨端症という言葉が使われます

この部分です。

小・中学生で骨の成長が大きい時期に多発し、段々と膝下の部分に「骨の出っ張り」が出てきたり、膝を曲げると痛みが出たり、ひどい場合は歩くことさえも辛くなってしまう場合があります。

 

成長痛と言われて痛みが引くまで安静の指示

安静にしていたら少し痛みが緩和

再度練習開始すると痛みが出現

痛みが引くまで練習を休む

 

この繰り返しで、いつまでも治らずオスグッドに悩まされている子供たちが後を絶ちません。

これは、安静によって患部の炎症が治まっても、本当の原因が放置されてしまったままだからです。

他にも、

・患部にアイシング

・テーピング

・湿布

・整形外科で痛み止め

・整骨院で電気治療

・インソール

・膝を曲げるストレッチ

・サポーター

などを長期間受けても改善しなかったという例はとても多くあります。

これは、本当の原因を治療せずに対症療法を行っているだけだからです。

ストレッチなどの中には、悪化させたり、治るのを遅くしてしまう例があるということを知っておくべきでしょう。

本当の原因を改善しない限り、根本的にオスグッドが改善することはありません。

 

オスグッドの本当の原因とは?

一般的には「成長痛」と言われ、身体の成長に伴う症状なので、成長が止まるまで待つしかないと言われることがあります。

しかし、それでは成長期の子供全員がオスグッドにならなければおかしいはずです。

同じ様な環境、同じスポーツをやっていてもオスグッドになる、ならないの差はどこから来るのでしょうか?

大きな原因として3つが挙げられます。

長くなりますが、オスグッドの原因をきちんと認識することが本当の治療につながります。

頑張って読み進めてみてください。

 

①筋肉の硬さ(機能低下)が原因

オスグッドで痛みが出るのは脛骨粗面と言って、太ももの筋肉「大腿四頭筋」が付着する部分です。

この大腿四頭筋のけん引力によって、まだ柔らかい脛骨粗面の軟骨がはがされて剥離骨折の様な状態になってしまいます。

そのはがれた部分がオスグットのボコッとした触ると痛む部分になります。

これがオスグッドの原因です。

ですから、筋肉の硬さがあると症状が出やすくなるので、大腿四頭筋を含めた周りの筋肉を柔らかくするストレッチを教えてもらったことがある方も多いでしょう。

筋肉の硬さを取ってあげることは必要ですが、単純なストレッチは余計にけん引力をかけてしまい、かえってオスグッドを悪化させてしまいます。

筋肉の硬さは、筋膜のつながり、筋肉の機能(神経伝達)が大きく関わります。

専門的になってしまうので細かくは書きませんが、これを無視して単純なストレッチばかり行っていては、いつまでもオスグッドは治りません。

オスグッドのストレッチの記事はこちら

②姿勢を含めた身体のバランスが原因

オスグッドに関係する太もも前の筋肉は、姿勢によって負担のかかり方が変わります。

真っ直ぐ立っている状態

骨盤が前傾している状態

骨盤が後傾している状態

オスグッドになる子供の多くは、骨盤が後傾して太もも前の筋肉がパンパンになっている場合が多いのです。

そうするとオスグッドの部分にけん引力が加わり、とても負担が強くなります。

普段の姿勢から背中が丸まらない様に気を付けることが大切で、足だけでなく全身のバランスを整えるエクササイズが必要になって来るでしょう。

ご飯を食べる姿勢、学校で授業を受ける姿勢など、背中が丸まってだらしない格好で行っていませんか?

普段の生活の姿勢は必ずスポーツの場面で出て来ます。

スポーツを上達するためにも、姿勢は大切になってきます。

頭のてっぺんから真上に引き上げられているようなイメージを持つと、自然に真っ直ぐな姿勢が取れるでしょう。

 

③食生活

意外に思われるかも知れませんが、成長期の食生活でオスグッドになりやすい、なりにくいが変わります。

成長期は、その名の通り身体とても発達する時期で、骨の成長、筋肉の成長が急速に進みます。

この時に欠かせないのが、タンパク質の一種である「コラーゲン」です。

コラーゲンはタンパク質から合成されるので、お肉や大豆、魚の量が不足してタンパク質不足になっているとオスグッドになりやすいという研究データもあります。

普段からよく食事でタンパク質を摂っているつもりでも、身体の成長に追い付いていない場合もありますので、市販のプロテインを活用するのも良いでしょう。

 

また、オスグッドになりやすい子供はお菓子やジュースを好む傾向にあります。

糖が多い食べ物ですね。白ご飯ばかり食べていても同じです。

それによって必要なタンパク質が取れていなかったり、「糖化」と言うタンパク質の劣化現象が起こってしまい、骨や筋肉の腱が弱くなり痛めやすくなってしまいます。

食生活から改善する事が出来れば、オスグッドになる子供はグンと減ります。

今なっている子供、これから成長期になる子供のためにきちんとした食生活を心がけてあげましょう。

オスグッドに効くテーピングの方法

いかがでしたか?

原因がわかれば対処ができます。

根本的にオスグッドを治したければ、原因から対処するべきでしょう。

 

こちらで紹介するテーピングは、根本治療ではありません。

あくまでも対症療法です。

しかし、痛みが強い場合で日常生活で辛い場合や、治療を受けに行けない場合などにはとても効果的です。

このテーピングで痛みが取れたからと言って、治ったわけではありませんが、使い方によっては非常に有効となります。

 

まずは動画を見ていただき、その後画像で解説していきます。

 

・用意するもの

キネシオテーピング50mm

25cmを2本

15cmを1本

①まず、オスグッドで出っ張っている部分と、お皿の位置を確認し、痛みの無い範囲で膝を曲げておきます。

②テーピングがその間を通るように、25㎝に切ったテーピングを引っ張らずに斜めに貼り付けていきます。

③逆も同じように行います。こちらも同様に引っ張らないでください。

内側、外側はどちらからでも結構です。

④最後に、交わった部分にテーピングを少し引っ張りながら押さえていきます。

こちらが完成図です。

最初の2本は引っ張らず、最後のテーピングだけ痛みの無い範囲で引っ張って貼りましょう。

こちらがオスグッドに効くテーピングとなります。

 

オスグッドを本当に改善させるために

いかがでしたか?

こちらのテーピングがきちんと行えれば、オスグッドの痛みが和らいで、普段の生活が楽になるでしょう。

ご紹介した食生活の改善、普段からの姿勢もとりいれれば、改善のスピードはより一層上がるはずです。

オスグッドにお悩みなら、きちんと取り組んでみて下さいね。

 

しかしながら、こちらはあくまでも「対症療法」です。

根本的に解決するためには、原因である筋肉の治療を行わなくては行けません。

先程から筋肉の硬さを「機能低下」と書いています。これは筋肉が硬くなるのは、単純に柔軟性が低いからではなく、筋肉の伸び縮みのスピードをコントロールする機能が大切だからです。

その筋肉本来の機能を回復させるには、専門家の治療を受けないと長期間かかります。

当院で行っているPNF(神経筋無痛療法)は、筋機能をその場で高めることが出来る治療法で、オスグッドの痛みにとても効果があり、一回の治療で痛みが無くなることも少なくありません。

オスグッドの痛みは治療で改善可能です。

一日でも早く治したい、子供のに思い切りまたスポーツをやらせてあげたいという方は、一度当院にご相談ください。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です