根拠に基づく腰痛治療432

根拠に基づく腰痛治療432

米国リウマチ学会が診断基準を作成したために線維筋痛症の問題を複雑にしてしまった。圧痛点を探そうと患者を突っつきまわしている狂信者がいるが、活動障害の判定には役立たない。http://1.usa.gov/VTqBN9 http://1.usa.gov/PNQd8I

線維筋痛症の診断基準は、広範囲におよぶ痛みが3ヶ月以上続いていることに加えて、全身にある18の圧痛点のうち少なくとも11に痛みがあることとされています。しかしこれはあくまでも暫定的な診断基準であり、その利用価値はきわめて限定的と言わざるを得ません。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です