子供の肘が抜けてしまった時の対処法(肘内障)

「ぎゃ〜〜〜っん!」

整骨院の前で子供が大号泣しています。

何事かと思っていると、お母さんに連れられて2歳くらいの男の子がやってきました。

「友達と遊んでたら急に泣き出して、腕をあげなくなったんです!」

とお母さんはとても心配そうな表情をされています。

 

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

さて、整骨院をやっていると年に何回かはこういった事例に遭遇します。

多くの場合、肘内障(ちゅうないしょう)と言って、子供の肘の脱臼を起こしています。

慣れていれば、関節を元の位置にはめる「整復」をすればその場で腕も上がり痛みも消えます。

こちらの男の子も、3秒ほどでケロリと泣き止んで、腕も使えるようになりました。

 

基本的には医療機関(整形外科や整骨院)にかかるのが一番ですが、夜や外出先ですぐに医療機関に連れて行けない場合の対処法を、こちらでご紹介したいと思います。

うまく行えば、肘が抜けてだらんとして泣きじゃくっている子供が、すぐに腕を使えるようになるでしょう。

子供の肘の脱臼の整復法はいくつかありますが、経験豊富な先輩方から教わった方法で、私がこれまで行ってきて安全と言える方法ですので、きっと役に立つことでしょう。

 

※注意点

高いところから落ちた場合や、手首や肘、脇の下を触れるだけでも大号泣するような場合は、肘の脱臼ではなく骨折を起こしている可能性もあります。

そんな場合は、無理に整復をしようとせず、速やかに医療機関に連れて行ってあげてください。

いかがでしょうか?

くれぐれも、力技で無理に行わないでくださいね。

やって見てうまくはまらない時は、何度も行うと周りの筋肉や靭帯を傷めることもあります。

応急処置ということを理解してもらって、無理なく実践して見てください。

 

近隣の方であれば、当院でも子供の肘の脱臼(肘内障)の治療ができます。

緊急であれば予約枠が埋まっていても対応しますので、遠慮なくご連絡くださいね。

 

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

One thought on “子供の肘が抜けてしまった時の対処法(肘内障)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です