派手さよりも、地道に取り組み続けるのが大切だと思います

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

先日の秋分の日は祝日診療をしていました。

明石から来られる股関節症の方、ふくらはぎ全部が内出血になるくらいの強い打撲の女性、光沢が出るくらいの下腿浮腫など症状の強い方が多く、診療をして良かったです。

 

さて最後に急に診ることになった男性。ちょっと珍しい症例でした。

何ヶ月も前から、右踵から足の裏が痛くなったそうで、普通に歩こうとすると割れるみたいに強烈な痛みがあり、「折れてるんじゃないか?」と疑うほど。

他の病院でパッドを作ってもらったり処置を受けていたのですが、一向に良くならず当院に来られました。

 

割と身体の大きい男性なのですが、痛みで真っ直ぐ歩けず、引きずってしか歩けません。

右踵から足裏にかけて硬く炎症を起こしている部分があり、「足底腱膜炎」と言われる状態でした。

 

立っている姿を見ると、

image

こんな感じ。

明らかにおかしい。

右股関節・右膝とおかしいですが、一番は足首のところ。

 

片足ずつ見ます。

左足

image

右足

image

両足共にかなり外側に踵が倒れていて、外にしか体重がかかっていません。

わかりやすくしましょう。

image

image

こんな感じですね。

右のほうがかなり強く捻れています。

 

回内足と呼ばれる内側に倒れるのが普段多いのですが、これは逆のパターンです。

回内足(オーバープロネーション)

269cec56

image

扁平足になったりしやすいパターンですね。

 

回内足に対して外側にかかるのが回外足(サピネーション)と呼ばれる状態で、この患者さんはまさにそれでした。

 

片足立ちは外にかかってグラグラ。

image

image

前に踏ん張るのも右が安定しません。

image

image

こんな状態では歩くたびに足の裏に強い負担がかかります。

治る前に何回も痛めてしまうので、そう簡単には治らないでしょう。

image

片足で体重かけた時は、真ん中から少し内に入るのが通常。

ここまで外になるのは結構珍しんじゃないかと思います。

 

一番基礎になる足がこれくらい歪んでいると、その上に乗っかっている身体はその分色んなところでそれを補おうとします。

こんな感じで↓

 

o0259019413505575063

身体は繋がっていますから、足の問題が足だけで起こることはありません。

image

image

image

 

身体はトータルバランスで動いていますから、足の歪みが全身に影響しますし、全身の状態が変わらなければ足の歪みは治りません。

治らない、治りにくいって、結局こういうところまで見れてるか、治療できてるかで変わってくるんじゃないかと思います。

痛くて苦しんでる人に、「安静にしていてください」を言うだけだったら、僕たちの仕事なんていらないですよね。

 

色々と事情があり、治療時間は実質5分。

足はこんな感じになりました。

image

この時点で立つ、歩くの痛みはなくなって、不思議そうな顔をしてもらいました(*^^*)

image

「なんやろう、痛くない。。」

不思議そうな顔の後は、笑顔になってもらえました。

 

笑顔になってもらえる治療は良いですね♪

ちゃんと治すにはもう少し時間がかかりますが、方向性を間違わなければ痛みは取れていくでしょう。

 

実質5分ですが、何回も壁に当たったり、治せず悩んだ10年の集大成のような治療です。

だから実質5分でも10年と5分の治療ですねm(_ _)m

多分2〜3年前だったら、手も足も出なかったでしょう。

 

派手な治療よりも、地味に感じ取って考えることを大切にしてきました。

ネットを見ればゴッドハンドが溢れかえり、そんな人たちが教えるセミナーが毎週のように開催されています。

それでも痛みや不調に苦しむ人が減っているようにも、業界のレベルが上がっているようにも感じないのは僕だけでしょうか?

 

本質を見極める目と、誠実さを持って治療に臨みたいですね。

まだまだ出来ることに限りはありますが、もっと積み重ねていきたいな〜と思った祝日診療でした。

 

なかなか治らない痛みはこんなところに原因があるかも知れません。

当院にもシンスプリント、アキレス腱炎、膝の痛み、腰痛、肩こり、首の痛みなどこう言った足の歪みや全身バランスが影響しているケースをたくさん診ています。

気になる方は、一度自分の立ち姿勢や足の写真を撮ってみてください。

意外な発見があるかもですよ。

 

※スポーツ選手などで全身調整とフォーム改善などを希望の場合は予約枠を2枠お取りになるようお願いします。

→治療を受けた患者さんの声はこちら

(柔道整復師 山岡洋祐 監修)

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

4 thoughts on “派手さよりも、地道に取り組み続けるのが大切だと思います

  1. その節は本当にありがとうございました。

    まだ痛みは無くなりませんが、以前に比べて本当に楽になりました^ ^

    頂いた宿題も、意識して続けてますよ(*^^*)

    また週末には母がお世話になりますが、何卒よろしくお願いします
    m(_ _)m

  2. スピネーションですね。珍しい。足首の不安定な疾患が多い当院でも、ここまでのソレは2年に一回みるくらい。難しい症状ですがお見事ですね!!祝日診療 お疲れ様でした。

    1. 近藤先生

      コメントありがとうございます。
      まさか、近藤先生にコメントいただけるとは思っておらず、ひっくり返りました。

      開業当初、シンスプリントで気が狂いそうなくらい悩んでいた時、先生のブログを見つけました。
      読めば読むほど、自分の覚悟の足りなさ、取り組みの甘さを痛感したものです。

      今の僕があるのは、なんとか近藤先生に近づきたいという一心だったと言っても過言ではありません。

      プロネーション、スピネーション、運動連鎖とか偉そうに言っても全部若葉治療院から教えていただいていますから笑
      今回のスピネーションも、痛みを取るのに5分ですが、ちゃんと治すには一時間近くかかるでしょう。

      見ていただけて嬉しく思うと同時に、身が引き締まる思いです。

      悩まれている方がまだまだ多いですので、1ミリでも腕を磨いて日々の診療に取り組みたいと思います。

      ありがとうございました。
      城東整骨院
      山岡拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です