【動画付き】ぎっくり腰で動けない時これをやれば動けるようになります

「あっ!」突然やってくるぎっくり腰の痛み

こんにちは。大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

急にやってくるぎっくり腰。

なられた方はわかるかと思いますが、強烈な痛みで動けない、歩くのも辛い、立ち座りが激痛、一度寝転ぶと立ち上がるのが激痛など、とても辛い症状に襲われます。

私も以前にぎっくり腰を経験した時は、歩くのも辛く脂汗をかきながら診療していました。

 

「これだけ痛いと安静にしたほうがいいかな?」

と思うかもしれませんが、それをやってしまうと結果的に治りが遅くなってしまいます。

腰痛治療のガイドラインでも、ぎっくり腰になってしまった時は「仕事を休むな」と言われています。

これは、安静にしすぎると治るのにとても長い期間かかってしまうという研究結果に基づいています。

出来るだけ普段通りの生活を心がけることが早く治る近道でしょう。

 

とは言っても、ぎっくり腰の痛みは激しいですし、普通に動くだけでも辛いことと思います。

こちらでは、ぎっくり腰になってしまった時に自分で動けるようになる方法をご紹介します。

ご紹介する方法を行なっていただければ、動きが楽になり、悪化も防げることでしょう。

動画でも解説していますので、どうか最後までお読みになってください。

 

ぎっくり腰になってしまった時、自分で動けるようになる方法

自分で出来る体操の手順をご紹介します。

ぎっくり腰で1番怖いのが、脳が腰を守ろうとして筋肉を固めてしまう「防御反射」です。

ぎっくり腰になってしばらくすると、腰だけじゃなくて、背中や肩、下半身と色んな筋肉がロックします。
放っておくとにそれが固まって、何も出来なくなります。

一度防御反射でロックがかかってしまうと、自力では中々解除できません。

固まりきってしまうと、少し動かすだけでも痛みがあり、日常生活に支障があるばかりか治りも遅くなってしまいます。

そんな状態を簡単に予防・改善する方法があります。

ぎっくり腰になってしまったら、是非実践してください。

 

仰向けに寝てやりますが、それも辛かったら座っててもオッケーです。

ゆっくり、深呼吸しながらやりましょう。

ロックを外すためには、痛みのないところから少しずつ順番に動かしていくのがコツです。

 

①足の親指を動かす

足の親指だけです。

他は動かさないで良いですので、親指だけグーパーとしていきます。

これだったら腰に痛みは出ないと思います。

(約30秒)

 

②足の全部の指でグーパーを行う

足首など他の部分は動かさず、指だけでグーパーしていきます。

(約30秒)

 

③足首を上下に動かす

出来るだけ大きく足首を上下に動かします。

腰に響いたり痛みがある場合は、少しずつやってみて下さい。

(約30秒)

 

④足首を左右に動かす

足首を左右にゆっくり倒して戻します。

(約30秒)

 

⑤膝を片方ずつ軽く曲げる

痛みがあったら、ゆっくり少しずつやって下さい。
段々、痛みが和らいでくる方が多いです。

(約3分)

 

⑥膝を片方ずつ胸に近づける

手で支えてあげながら、ゆっくり行います。
少しずつやりましょう。

(約3分)

15分くらいかけてゆっくりやるのがベストでしょう。

 

動画で見るぎっくり腰で動けない時の体操

これだけで歩いたり、動くのが軽くなる方は沢山います。

最初に無茶な治療や安静にしすぎなければ、そこまで恐れることはありません。

怖がらず、少しずつでも動いてみましょう!

※痛みが激しい場合や、気分が悪い時、足がしびれて動けない時などは自分で何とかしようとせず、速やかに医療機関にかかって下さい。

この方法を伝えた患者さんは、歩くのも辛かったぎっくり腰が不安なく動けるようになって、通常よりも早くぎっくり腰から回復しました。
ぜひお試しください。

ただ、辛い症状は1日も早く解放されたいですよね?
当院では神経筋無痛療法と言う方法で、ぎっくり腰の原因になる深い筋肉の調整を行っています。

また、その方に合ったセルフケアや運動をお伝えし、早期に回復していただいています。
ぎっくり腰の痛みにお困りであれば、一度ご相談ください。

→ぎっくり腰で治療を受けた患者さんの声

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です