根拠に基づく腰痛治療632

根拠に基づく腰痛治療632

ほとんどの腰痛は元来、仕事に関連したものではなく、腰への負担や問題となる作業中の姿勢を減らしてもわずかな影響しかない。事実、職業上の身体的負荷が大幅に減少したにもかかわらず、腰痛の発症率および活動障害は減少していない。http://1.usa.gov/S1hPOz

実際のところ、過去半世紀にわたる生体力学に基づく人間工学的介入は、腰痛疾患に対してけっして好ましい影響を与えていません。むしろ腰痛患者を増やして症状を長引かせただけです。

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です