【野球肩】20歳 男性 数年ぶりに全力投球ができました

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

野球をやっていて肩の痛みが強く、投げると腕が痺れるような状態が何年も続いていた男性から、治療のご感想をいただきました。

20歳 男性

Q 何が決め手で当院を受診されましたか?(当院を選んだきっかけなど)

インターネットを見た母からすすめられて

Q どのような症状にお悩みで受診されましたか?

首と肩の痛み

Q 実際に受診されて良かったことを教えて下さい。

長年続けている野球で、全力投球した際に腕がしびれていたのがなくなり、

野球を楽しむことができるようになった。


Y・Mさんは、右肩から首の痛みを訴えて来院されました。

お話を詳しく聞いて行くと、野球をやっていて肩の痛みが出てきて、あまりにも投げる度に痛みが出るので、数年はまともに投げることができない状態とのことでした。

検査をしてみても、痛みのある右肩に不安定感が強く、うまく力も入っていません。

ご本人からは、「肩はもう治らないだろうから、首が楽になるだけでも嬉しい」と言われていましたが、これまでの経験からでも十分に改善が可能だと判断して治療を開始しました。

 

治療は投げる際に必要な右肩から腕の筋肉の機能を回復させる、神経筋無痛療法を行いました。

神経伝達が改善し、筋肉の働きが改善することでこれまでも多くの野球肩の治療に効果を発揮してきました。

初回の治療で首の痛みが改善し、肩の動きがスムーズに。

3〜4回目の治療の際には、普段の生活での痛みや制限はほとんど無くなっていきました。

そして先週、久しぶりに野球の試合にチャレンジしてみると聞いていたのですが、

「久しぶりに、思いっきり投げても痺れないし、ライナーで投げることができました!」

と嬉しい報告をいただきました。

さすがに二日続けて投げた時は少し痛みが出たようですが、すぐに痛みが引いたそうなので今後治療を続けていけばより良い状態に変わって行くでしょう。

 

今回の様に、長年痛みが続いてあきらめている様な状況でも、きちんと治療を行えば改善するケースはたくさんあります。

特に当院で行なっている神経筋無痛療法は、野球肩の治療に画期的な治療法です。

あきらめる前に、一度ご相談ください。

→当院の野球肩治療についてはこちら

 

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です