野球肩を自分で治す方法④〜片足バランス改善法〜

野球肩を自分で治す方法シリーズその④

こんにちは。

大阪市城東区、鴫野駅前の城東整骨院、院長の山岡です。

 

今回は野球肩を自分で治す方法の第4弾です。

 

これまでの記事を読んだ方から、「楽になった」「痛みなくボールが投げられた」と嬉しい反響をいただいています。

ご感想や、リクエストがありましたらこの記事の1番下にLINEの登録ボタンがありますので、そちらから登録してメッセージくださいませ。

 

前回までの記事はこちら

野球肩を自分で治す方法①〜インナーマッスルのリリース〜

野球肩を自分で治す方法②〜肩周りのストレッチ〜

野球肩を自分で治す方法③〜股関節周りのストレッチ〜

 

こちらの記事は検査編の後の治療編です。

検査編の記事をまだご覧になっていない方は、まずそちらをご覧ください。

野球肩を治すためのセルフチェック方法①〜ゼロポジションキープ〜についてはこちら

野球肩を治すためのセルフチェック方法②〜可動域チェック〜についてはこちら

野球肩を治すためのセルフチェック方法③〜筋力チェック〜についてはこちら

野球肩を治すためのセルフチェック方法④〜股関節の可動域〜についてはこちら

野球肩を治すためのセルフチェック方法⑤〜片足バランス〜についてはこちら

 

片足バランスができていないと、安定したフォームになりません

前回の股関節に引き続き、今回も下半身のお話になります。

下半身が柔軟で、安定していないとボールを投げる時に肩に負担がかかる無理なフォームになります。

また、下半身の力をうまく使えないので、ボールに力が伝わらずに良い球が投げれません。

バッティングでも同じです。

 

今回お伝えする片足バランスは、ピッチャーで言えば投球動作の最初に片足で立つ動作にあたります。

実は、この時に安定して立てていない選手が多いのです。

野球の場合、走り込みやノックなどで下半身を酷使し、疲労がたまりすぎて足が歪んでいるケースをよく見かけます。

スパイクで走り込みなんか、最悪です。

そんな選手に片足立ちをやってもらうと、3秒もキープできないのでこちらが驚かされます。

 

片足立ち、片足スクワットが7秒キープできないのは、故障のサインになります。

すぐに練習を休みか、しっかりケアをしましょう。

 

片足バランス改善ケア方法

では、実際に片足立ちの安定性を改善する方法についてお伝えします。

ここでは、地面と接する足の裏の歪みを整え、足全体の疲労回復にもなるゴルフボールケアをご紹介させてもらいます。

「ゴルフボールを足裏ゴロゴロ?やったことあるよ!」

と言う方も、押さえておかなければいけないポイントがありますので、最後までよくご覧になってください。

 

①ゴルフボールを用意します

安いので大丈夫です。

ホームセンター、スポーツショップで安価な「ロストボール」を買えば良いでしょう。

 

②足の裏のポイントを確認

ゴルフボールを転がしていく場所を確認します。

かかとの骨の前、骨の無い柔らかいところがスタートです。

スタート地点から、指先に向かう方向にだけ行います。

戻す方向には行わないのでご注意ください。

 

③スタート位置でしっかりゴルフボールを踏みます

④踏んだまま、ゆっくり30秒かけて前に転がします

体重をかけたまま、ゆっくりと指先に向かって転がしていきます。

「プチプチ」と音が鳴ったり、強い痛みを感じることがあります。

あまりに痛みが強いときは、最初は加減して行いましょう。

④足の裏で3方向に行います

同じ手順を、足の内側、外側でも行います。

 

※注意点

30秒を、3方向1セットで完了です。

刺激が強いので、繰り返し行うと足裏の炎症を起こすことがあります。

繰り返す場合は、1時間以上は間隔を空けましょう。

 

動画で見る片足バランス改善法

写真だけではわかりづらい部分もあると思うので、動画で解説しました。

 

こちらの方法を行えば、片足バランスが良くなるばかりか、足の疲労も回復しやすくなります。

また、捻挫をしてしまった時のリハビリとしても有効です。

ぜひ、取り組んでみてください!

次回は、肩甲骨の位置を矯正する方法をご紹介します。

プロの整骨院の先生方にお伝えする内容ですので、かなりハイレベルです。

きちんとできれば、大きな効果があるでしょう。

お楽しみに!

 

当院の野球肩の治療についてはこちら

 

ご予約はこちら

受付時間・アクセスについて

治療を受けた患者さんの声

症例・お役立ち情報のまとめ

 

城東整骨院公式LINE@ページ

友達追加で症状のお問い合わせやご予約もできます。

↓   ↓   ↓   ↓
友だち追加数

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です