PNF -神経筋無痛療法-

PNF(神経筋無痛療法)とは

神経と筋肉の状態を改善する治療法

PNFとは、英語のProprioceptive Neuromuscular Facilitationの略語で、日本語では「固有受容性神経筋促通(法)」と訳されているリハビリ手技です。

筋肉は神経の命令がスムーズに伝わらないとうまく働けません。その神経と筋肉のつながりをスムーズに改善するのがPNFという治療法なのです。

当院のPNFは、優しく体を刺激するだけで患者さん自身は運動する必要がありません。
ですから患者さん自身の負担も少なく、痛みの強い方やケガの直後でも治療をすることができます。

img_pnf01

痛みはどこからやってくる?

「腰のヘルニアで背骨が変形している」
「膝の軟骨が潰れてしまっている」

病院でその様に診断されたことはありませんか?

骨や軟骨が変形してるって、とても痛そうですね。
しかしながら最新の研究では
「骨の変形があっても痛みが無い場合も多く、腰痛の無い健常な成人でもレントゲン上で異常が同じように見つかる。」
とされています。

つまり、骨や軟骨だけが痛みの原因では無いということです。
では、痛みはどこからやって来るでしょうか?

身体の動きはすべて筋肉によって行われています。
筋肉が正常に働いている状態では、関節もスムーズに動き痛みが出ることがありません。

しかし、一部の筋肉に負担がかかったり、急な力で損傷した場合に痛みが出ます。
これを筋・筋膜性疼痛症候群と言い、痛みやシビレの原因になっているケースが非常に多いことがわかってきました。
ですから筋肉を治療することが非常に大切なのです。

筋肉が正常に働けるようにする「PNF(神経筋無痛療法)」

痛みを出している筋肉は、神経からの命令が届きにくくなり血流も悪くなっています。
筋肉の改善には、神経の流れを正常に戻してやることが大切です。
当院のPNF療法は、関節の軸を揃え身体の反射を利用することで神経の流れを正常化します。
それにより筋肉の状態を改善することができるのです。

PNFの施術には痛みを伴いません。
痛いという反応が緊張を生み、正常な神経回路を邪魔してしまうからです。

img_pnf02
img_pnf03
img_pnf04

PNFで効果が期待できる症状

  • 慢性的な腰痛
  • ヘルニア
  • 肩こり・頭痛
  • 変形性股関節症
  • 変形性膝関節症
  • 腱鞘炎
  • テニス肘(上腕骨外側上顆炎)
  • 急なケガ(捻挫・打撲・肉離れ等)
  • 脳梗塞後のリハビリ

など

神経の伝達を回復させる治療を行っている院はとても少ないです。
これまで色々な医療機関に行っても改善されなかった方は、一度ご相談ください。